Emma Gatrill

Emma Gatrill is a multi-instrumentalist based in Brighton, UK. Her debut, 2012’s Chapter I, was a poignant collection of songs based around her then-latest acquisition – the harp. Subtly accompanied by various members of Brighton’s Willkommen Collective, her intricate harp playing coupled with a unique vocal fragility drew comparisons to Björk and Joni Mitchell as well as her friends and co-conspirators Rachael Dadd and Rozi Plain. By the time the album came out, she’d already played clarinet in Laura Marling’s band on Glastonbury’s Pyramid stage, made up part of Broken Social Scene’s horn section on a run of UK dates and toured all over Europe as part of Sons Of Noel And Adrian. Since then she’s been touring and collaborating with kindred spirit Kristin McClement and as a member of Matthew & The Atlas.
Combining sublime harp playing, stunning vocals and ambient analogue synth triggers, Emma's music is etherreal and powerful, influenced by sounds of the past and yet consistently innovative.


Emma Gatrillは、英ブライトンを中心に活動するマルチ・インストゥルメントです。2012年にリリースされたデビュー作「Chapter I」は、彼女が得意とするハープを基調とした哀愁のある楽曲集。ブライトンのWillkommen Collectiveの様々なメンバーとともに、彼女の複雑なハープとユニークでフラジャイルな歌声を組み合わせたこの作品は、ビョークとジョニ・ミッチェル、そしてEmmaの盟友であるレイチェル・ダッドとロージー・プレインの諸作に比較される充実作となった。アルバム・リリース時には、すでにグラストンベリー・フェスティバルでLaura Marlingのバンドメンバーとしてクラリネットを、Broken Social SceneのUKツアーでもホーンセクションとして参加、またSons Of Noel And Adrianの一員としてヨーロッパ全土をツアーしました。それ以来、彼女はKristin McClementやMatthew&The Atlasのメンバーとしてツアーやコラボレーションを継続しています。
崇高なハープの演奏、素晴らしいボーカルとアンビエント ・シンセのトリガーを組み合わせ
、過去の音の影響を受けつつも一貫して革新的なEmma Gatrillの音楽は優美で力強さに溢れています。

Discography


album:
Chapter I (willkommen, 2012)
Cocoon (flau, 2017)

 

 

Press Quotes

Gatrill’s voice is as equally captivating as her instrument of choice - For Folk's Sake

...che rivelano le doti di un’artista finalmente libera di brillare in prima persona - Rockerilla/Music Won'ts Save You