flau x HUTU presents:
FOUNDLAND

4月のOlafur Arnaldsをフィーチャーした公演が各地でソールドアウトとなったFOUNDLAND、1年ぶりにホームとなるVACANTに帰ってきます。Dustin Wongとのデュオ作『Savage Imagination』が好評の嶺川貴子が貴重なソロ名義で、瑞々しい感性でアシッド・フォークとドリーム・ポップのミッシング・リンクを結ぶ若き才媛may.e、Masayoshi Fujitaとのライブでめくるめくドリーミーな映像世界を魅せたusaginingenがライブアクトとして登場します。箱庭的世界から滲み出る夢見心地の時間をぜひお楽しみ下さい。

2014年10月25日(土)
@VACANT(渋谷区神宮前3-20-13)
open 16:30 / start 17:00
adv ¥2,500 / door ¥3,000 (ドリンク代別途)

LIVE:
嶺川貴子
usaginingen
may.e

選曲:aus
PA:福岡功訓 (Fly sound)

前売りチケットメール予約 event@flau.jp (flau)
件名を「10/25 FOUNDLAND」とし、
お名前・連絡先・枚数を明記の上、上記のアドレスまでご送信ください。

企画・制作: flau, HUTU
協力: Taguchi, Fly sound, PLANCHA,

Artists

嶺川貴子(Takako Minekawa)

’96年『Roomic Cube ~ a tiny room exhibition ~』、以後’00年の『Maxi On』まで国内と海外で8枚のアルバムをリリース。2013年5月にDustin Wong(ダスティン・ウォング)との共作『Toropical Circle』をPLANCHAとThrill Jockeyよりリリース。Takako Minekawa & Dustin Wongとしてデュオ・セットの活動を始め、昨年よりライヴを国内外で行っている。ソロとしてのライヴ活動も再開し、Lamp原宿『脳を刺激する特別な三 日間』、VACANTでの『BOOMBOX-MELLOTRON PROJECT』でのラジカセメロトロンのパフォーマンス、浅草橋天才算数塾『カセット&ラジカセ普及企画ライブ』、神保町試聴室『上野洋子/植 野隆司+嶺川貴子』、東高円寺U.F.O.CLUBでのMOMUS/BUDDY GIRL and MECHANICとの共演など。

 

 

may.e

愛知出身関東在住1991年生まれ。現在すべて宅録。SoundCloudを中心にカバーやオリジナルを発表後、2013年、ファーストアルバム「Mattiola」、12月1日セカンドアルバム「私生活」をCDR・ダウンロードともにリリース。同じ頃ライブ活動をはじめる。2014年5月6日デモアルバム「REMINDER」をCDR・ダウンロードともにリリースし、2014年8月de.te.ri.o.ra.tionよりセカンドアルバム「私生活」のアナログLP盤リリース。今秋10月5日、デモアルバム第二弾「スパンコール」をリリース。
eflmayyy.tumblr.com

usaginingen

世界で1台、自作の映像機と楽器を使った、平井伸一・絵美による映像と音楽のライブパフォーマンスユニット、usaginingen(ウサギニンゲン)です。
ドイツ・ベルリンを拠点に、世界中の人達が驚いたり笑ったり、日常に色をつけたような、ワクワクするものづくりをしています。
Fusion Festival(ドイツ), vison'R Festival(フランス), roBot Festival(イタリア), Camera Japan Festival(オランダ), 瀬戸内芸術祭(日本) などの音楽祭・芸術祭・美術館・教育機関などで活動しています。
2014年にアイスランドで行われたRykjavik Visual Music Festivalのライブシネマ部門にてグランプリを受賞。