Julia Holter Japan Tour 2015

-flau 8years anniversary-

LAのアヴァン・シンセ女子Julia Holter、待望の来日公演が決定!Dominoから2年ぶりとなるニューアルバムの期待も高まる中、初のJapan Tourが開催されます。

11/24(火)京都METRO w. Cuushe
11/25(水)大阪CONPASS w. Madegg、Noah
11/26(木)東京WWW w. Cuushe、Rayons with Predawn

来日メンバー:
Julia Holter
Corey Fogel (percussion)
Dina Maccabee (viola, backing vocals)
Devin Hoff (double bass, upright electric bass)


Artists

Julia Holter

LA在住の女性シンガーソングライター/マルチ・インストゥルメンタリスト。アヴァンギャルド、ベッドルーム・ポップ、オペラ、クラシックなどの音楽的影響を消化、融合させ、マージナル且つ新しい感性でポップミュージックの歴史を更新する女性アーティスト、真のDIYコンポーザー。数々の限定リリースと共に「Tragedy」「Ecstacis」の傑作アルバム2枚を発表。Dominoに移籍後、Cole M.G.N.がプロデュースを務めた初のスタジオアルバム『Loud City Song』をリリース。最近ではKaren DaltonのトリビュートアルバムやLinda Perhacs44年ぶりのニューアルバムに盟友Nite Jewelと共に参加している。

 

Cuushe (11/24 KYOTO 11/26 TOKYO)

京都出身の女性アーティスト。ゆらめきの中に溶けていくピアノとギター、 空気の中に浮遊する歪んだシンセサイザー、拙くも圧倒的な存在感を持った歌声は数々のアーティストがフェイバリットに挙げている。Julia Holterらがリミキサーとして参加した限定EPが瞬く間に完売、デビュー作収録『Airy Me』のMVがインターネット上で大きな注目を集める中、2013年に2ndアルバム 『Butterfly Case』を発表。現行のミュージックシーンとは一線を画す独創的な歌世界が絶賛された。これまでにJulianna Barwick、Grouperの来日公演をサポート。今年4月に待望の新作EP『Night Lines』をflauとCASCINEよりリリースした。




Noah (11/25 OSAKA)

北海道出身の音楽家。2009年より本格的に音楽活動をスタートさせ、Cokiyu 「Your Thorn」のリミックスで注目を浴び、flauと契約。子どもの頃から慣れ親しんできたピアノに加え、クラウドラップの新星Kitty (aka Kitty Pryde)のプロデューサーとしても知られるSELA.やヒューストンのVaporwaveラッパーSiddiqとの交流が、妖艶さと可憐さを併せ持ったNoahの独創的な個性を形作っている。3枚のミックステープに続くファーストアルバム「Sivutie」を今年6月にリリース。NOWNESSにてTAKCOMがディレクターを務めた先行シングル「Flaw」のミュージック・ビデオがプレミア公開、日本人アーティストとして初めてHype Machineでの独占アルバム・ストリーミングが公開された他、ガーディアン紙、The Japan Times、NYLON Magazine、The FADERなどで紹介され、大きな注目を浴びている。

schedule

11/24 (火) 京都
@ METRO
open/start 18:30/ 19:30
adv./door 4,000 / 4,500yen(+1D)
共演:Cuushe

チケット取扱:
チケットぴあ (Pコード:272-626) TEL0570-02-9999
ローソンチケット (Lコード:55399)
e+ (http://eplus.jp/) (PC・携帯 共通)
メール予約・お問い合わせ:event@flau.jp

 

11/25 (水) 大阪
@ Conpass
open 18:30 / start 19:30
adv. 4,000 / door 4,500yen(+1D)
共演:Madegg、Noah

チケット取り扱い:
チケットぴあ
(Pコード:272-634) TEL:0570-02-9999
ローソンチケット
(Lコード:55294)
e+(イープラス) (PC・携帯 共通)
メール予約・お問い合わせ:event@flau.jp

11/26 (木) 東京
@ WWW
open/start 18:30 / 19:00
adv./door 4,500 / 5,000yen (+1D)
共演:Cuushe、Rayons with Predawn

PA:福岡功訓(Fly sound)
SHOP: LINUS RECORDS
チケット取り扱い:
チケットぴあ (Pコード:272-562) TEL:0570-02-9999
ローソンチケット
(Lコード:70466)
e+(イープラス) (PC・携帯 共通)
お問い合わせ:03-5458-7685(WWW)

*メール予約の際は、件名を「Julia Holter」とし、本文に「お名前/人数/希望公演日・会場/ご連絡先」を記入の上、ご送信ください。東京公演はメール予約は承っておりません。あらかじめご了承くださいませ。

 













Madegg (11/25 OSAKA)

16歳の頃よりReaperを使用したサンプリングコラージュ、フィールドレコーディング、プロセッシングされた音響作品を制作を開始。2012年 flauより Tempera 、2013年 Seiho主宰のDayTripperRecordsより Kiko をリリース。SonarSound2013 Tokyo/Osaka両公演に20歳の最年少記録で出演、また同年の秋、WWWで行われたRyoji Ikeda “supercodex live set” World PremiereにOAとして出演。その後Mark Fell(SND)、Charles Cohen、Tim Hecker、Arca、Baths、The Field等のアーティストと共演。今年11月に待望のサードアルバム『NEW』のリリースを控えている。



Rayons with Predawn (11/26 TOKYO)

Rayonsは現代音楽家・中井雅子のソロプロジェクト。音大にて現代音楽、クラシック等、様々な作曲を学び、卒業後、音源製作を中心に据えた活動を開始。作曲、ストリングスアレンジ、ピアノ演奏等行う。彼女が紡ぎ織りなす世界は、ファンタジーとダークネスな感情が重なり共鳴し特有の美しさとノイズを生み出している。 これまでにSylvain Chauveau、James Blackshaw、Ulises Contiらと共演。デビューミニアルバム『After the noise is gone』を2012年に、今年9月にファーストアルバム『The World Left Behind』を発表した。本公演では同作にゲストで参加したPredawnを迎えたパフォーマンスを披露する。