mü-nest night in tokyo

2013年11月15日(金)
@落合SOUP
open 19:30 / start 20:00
adv ¥2,500 / door ¥3,000

BathsことWill Wiesenfeldの才能を[post-foetus]名義で世界に先駆けて紹介、Hior ChronikやPark Avenue Musicなど、優秀なアーティストを数多く発掘してきた東南アジアを代表するエレクトロニカ・レーベルmü-nest が日本で初となるレーベル・ショーケースを開催します。レーベルの地元クアラルンプールより初来日する人気アーティストflica、中国のエレクトロニック・シーンを代表するアーティストの一人、me:mo、さらに今月mü-nestより初のコラボレーション・アルバムを放つMarihiko Hara & Polar M、映像作家としても活躍するokamotonoriakiと、レーベルを代表するアーティストが勢揃いする豪華イベント、ぜひお見逃し無く。

LIVE:
flica
marihiko hara & polar m
me:mo
okamotonoriaki + Masashi Yokota

DJ: aus

前売りチケットメール予約 event@flau.jp (flau)、件名を「11/15 mu-nest」とし、
お名前・連絡先・枚数を明記の上、上記のアドレスまでご送信ください。
メールの返信をもって予約完了とさせていただきます。
3日中に返信メールが来ない場合は、大変お手数ですが、
再度のご予約メールをお願いいたします。

尚、ochiaisoup@gmail.com (soup)でも予約が可能です。

mü-nest京都公演(presented by night cruising)の詳細はこちら


企画・制作: flau, mü-nest
協力: night cruising, soup, nature bliss, plop, p*dis

Artists

me:mo

北京を拠点に活動する電子音楽家。80年生まれ。2001年より創作活動を始める。2003年、自らのレーベルFRUITY SHOPより1stアルバム『me:mo』をリリース。国内外レーベルのコンピレーションアルバムに参加、センシティブで洗練された楽曲を次々と創作。 2006年、モダンスカイよりエレクトロニカ、アンビエント、クリックなどの手法を軸に作成した2ndソロ・アルバム『静景/Static Scenery』をリリース。同年、ノルウェーのオスロで開かれた“OSLO WORLD MUSIC FESTIVAL”に参加し、ブッゲ・ヴェッセルトフトらと共演。最新作はmu-nestと日本の名門plopが共同リリースしたフォークトロニカの名作『Peking Scene』。中国のエレクトロニック・ミュージック・シーンのパイオニアが描くそのサウンドはまさに聴く風景画。

Peking Scene

 

 

Marihiko Hara & Polar M

ダムタイプ高谷史郎のプロジェクトメンバーやポップユニット「rimacona」のメンバーとしても活動する原 摩利彦と、ギターを用いたサウンドスケープでソロやユニットでの活動の他、ダンスや映像作品の音楽制作を行うPolar Mこと村中真澄。それぞれ、これまでに国内外からアルバムを複数リリース。
お互いに京都在住、10年来交流を深めてきた2人が、2013年9月に初の共作アルバム『Beyond』をマレーシアのレーベルmü-nestよりリリース。
優美なピアノと暖かなギターのメロディーに、淡いエレクトロニクスをデリケートに融合し、洗練された美しさと素朴な優しさを同時に包含するポスト・クラシカル~アンビエントサウンドを展開している。
10月には韓国の利川(イチョン)にて開催される「Icheon Ceramic Festival」に招聘され、それぞれパフォーマンスを行う。

Beyond

 

flica

1982年生まれ。マレーシアのクアラルンプール在住のeuseng setoによるエレクトロ/アコースティックソロプロジェクト。2005年より、huat liangとのユニットmuxuで本格的な音楽活動を開始。

2007年にmü-nest最初のアーティストとしてアルバム『windvane and window』をリリース。Akira KosemuraとHaruka Nakamuraがリミキサーとして参加したこの作品は、甘く切ないポップなメロディーが可愛らしい電子音、ボイスサンプルによって彩られたエレクトロニカの傑作として、後にscholeよりリイシューされた。その後、scholeよりセカンドアルバム『Nocturnal』をリリース、11月には新作アルバムのリリースを予定している。

Don't Weep

In Dreams

 

okamotonoriaki

岡本憲昭。1983年大阪生まれ。 映像作家・音楽家。 2008年多摩美術大学卒業。 同大学の卒業制作作品「ALGOL」が第12回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門奨励賞など多数受賞。 2010年には音楽名義である「okamotonoriaki」の活動を開始。mu-nestより1stアルバム「TELESCOPE」をリリース。 同アルバムの楽曲「recorder」のビデオを自ら制作し、第14回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門審査員推薦作品に選出される。 2012年より「"日々浮かぶイメージ"の記録」をコンセプトとした"たわいもない何か”/"something trivial"シリーズの制作開始。 2013年、mu-nestより2ndアルバム「A LITTLE PLANET」をリリース。

A Little Planet