My Love For You Is A Cheap Pop Song
Kumisolo

cat#: FLAU16
Release Date: November 18th, 2009

artwork / design: Shobo Shobo



Tracklist

  • 01. Intro
  • 02. Etude pour Kinoko
  • 03. Danse Music
  • 04. Confiance absolue
  • 05. Vodka
  • 06. Triangle
  • 07. I Know What Boys Like
  • 08. Satellite Song
  • 09. Cheap Pop Song
  • 10. Earth
  • 11. Nasty Boy
  • 12. Welson
  • 13. Tactics (Juicy Fruit)
  • 14. Piano Song
  • 15. Kabocha (bonus track)

My Love For You Is A Cheap Pop Song is a lo-fi tender missive composed with two hands on a small casio keyboard turned a big electro pop affair in basements and home-studios, a rainbow-like spectrum of desires, moods and tempos, polished in laptops and tape-delay and feeding on all periods , from the 60's to the future. And it contains marvels : restless poppy house music ("Danse Music"), self-assembly j-pop ("Cheap Pop Song", "Nasty Boy" ), distorted echoes of the 80s ( "Satellite Song", "I Know What Boys Like", "Vodka "), super emotional ballads ("Earth", "Piano Song "), or sixties delicacies ("Triangle", "Welson"). No doubt, Kumisolo's universe is as large as her heroes', Cornelius or Stereolab.

Most of all, Kumi tells us (and in all languages, English, French and Japanese) about Love from all angles, and through many more shades of grey than a E-major chord can offer: you can dance to it intoxicated in nerdy parties where people talk about music, lose yourself in the labyrinths of infidelity, express your love while floating in the air in a space station, love too much, care too much, doubt too much - in any case, My Love For You Is A Cheap Pop Song is as dense as true love stories, experienced in real-time, and displays almost as many colors as life itself.

 

 

 

〜音楽との最初の出会い〜
母親の影響で三味線を習う。母親は太鼓も弾く音楽好き。幼少の頃からディスコミュージックを聴いて育つ。7歳の時に少し厳しい先生のもとでピアノを習い始める。

〜音楽との次の出会い〜
通っていた小学校でパレードのための吹奏楽部に入り、トランペットを担当。文京区、根津神社で毎年行われるつつじ祭りのパレードに参加。中学校では吹奏楽部の部長となり、ストラヴィンスキーの『火の鳥』などを演奏し吹奏楽コンクールにも参加。

〜 ポップとの最初の出会い〜
トランペットを含め、課外活動が盛んだった高校時代に『ミス上野高校』に選ばれる。軽音部にも入り、カーディガンズのカバーバンドを結成、ボーカルを勤める。

〜 職歴〜
歯科医師の助手と受付のバイトを始める。と同時に大学時代に出会った友達、大和沙織とフレンチかぶれのバンド、『no future』を結成。チャンネルレコードにリリースを頼み込み、バンド名を変えるという条件付きで契約が決定。elレコードのマイク・オールウェイが名付け親となり、バンド名は『Crazy Curl』に変更される。クレイジー・カールのマキシシングル、『bonjour journal』が初めてのリリースとなる。

〜その他の職歴〜
フランスに渡航して以降、My OwnというバンドのメンバーだったZoe Wolfに出会い、the konki duetというバンドを始め、パリで様々なミュージシャンとのコラボレーションを始める。(Toog, Momus, Shoboshobo, O.Lamm他)the konki duetは2枚のアルバムをリリースし、たくさんのライブ活動も行う。それと同時に古い日本のバンドやthe supremesのカバーを通してソロ活動を始める。kumisoloの楽曲は同じアクティブサスペンションのレーベルメイト、O.Lamm、Domotic、Hypoとともに彼らの自宅セッションやミニライブから生まれた。

こうして『my love for you is a cheap pop songへ』とたどり着く。カシオの小さなローファイキーボードからスタジオ録音のエレクトロポップポップポップへと転換し、60年代レトロに傾倒したり ユーモアとレインボーカラーの溢れる音が出来上がった。
ハウスポップ、Jポップ、80年代チープポップ、メランコリックなバラード、60年代の繊細さ、Kumisoloの世界は彼女のアイドルであるコーネリアスやステレオラブのように広大である。
それから特にKumiは英語、フランス語、日本語を巧みに使いながら恋愛について時にあいまいで、時にドのメジャーコードくらい簡単で明確に歌っている。Vodkaの曲を聴きながらよって踊るのもよし、モーマス作詞のConfiance absolueを聴きながら浮気のラビランスに迷い込むのもよし、色々な楽しみ方があります。

 

O.Lamm

Press Quotes


チープで愛らしいオモチャ感覚に溢れた可愛げなテクノポップ。YMOとトラットリア系の影響が垣間見る事ができる傑作。キャッチーなメロディも一級品、一見シンプルながら、かなり練られた歌詞世界も最高に面白い
- Marquee

so happy and bright and bubbly but also totally badass - Miya Folick

fonctionne à merveille… De la pure "japoniaiserie"… Irrésistible! - Positive Rage

"fraîcheur" et "synthétique" -
La Magic Box

un album édulcoré qui a le mérite de nous surprendre et de nous laisser le coeur léger -
Froggy's Delight

ポスト・ピチカート・ファイヴともいえるレトロなメロディ...独特の軽やかさ
- SPUR

レイト60'sのフラワーな雰囲気から、80'sのキッチュな感覚までを、ウィスパリング・ヴォイスでふんわりとまとめたスウィート・エレ・ポップ。カヒミ・カリィの世界をハイブリッド化したよう - CD Journal

コーネリアスやステレオラブをほうふつさせる幅広い世界観
- France NewsDigest