Stories
Masayoshi Fujita

cat#: FLAU31
Release Date:
Japan -November.14th.2012
Europe/USA - January 21st 2013
Format: LP/CD/Digital

recording: Kassian Troyer
mastering: Nils Frahm
lp cutting: Dubplates & Mastering
artwork:Fleck
design: mondii

Tracklist

  • 01. Deers
  • 02. Snow Storm
  • 03. Cloud
  • 04. Story of Forest
  • 05. Story of Waterfall I. & II.
  • 06. Swan and Morning Dews
  • 07. River
    08. Memories of the Wind

So, it is late at night. What left is just a dimmed light at the side of your bed. You open up a book, and then, gradually, and quietly, your thoughts started to move along, with its stories, and your “stories”…..

"Stories" is the first vibraphone solo album by Berlin-based Japanese artist Masayoshi Fujita, who also known as El Fog and a collaboration project with Jan Jelinek. This quietly exquisite album by Fujita, is like a book of illustration, painting 8 delicate pictures of small stories about the nature we are embracing….cloud, forest, river, swan and morning dews….things that we all are so familiar with, but yet so quaint.

Masayoshi Fujita’s style of solo vibraphone is uniquely inspired by classic and jazz music. In this beautiful album, in additional to some gorgeous strings and bowings, he also introduced some ingenious ideas in making unique sounds, like the usage of bead and aluminum foil on his vibraphone, like a prepared instrument. As such, “Stories” is a wonderful result of the beautiful vibration (of which the name Vibraphone came from) of all the delicate sounds produced in this album. They are poetic, they are melancholic, and they are lushly emotional.

Let the dimmed light continues on, and let Fujita tell you these wonderful stories.

 

 

 

Deers


River

険しい木々の間を飛び跳ねる鹿の兄弟、
ウォーターフォールと呼ばれる鳥や湖に佇む白鳥。
吹雪の精のささやきを聞く騎士、
我が子を腕に抱える母親、
ゆっくりと流れる雲、そして川。

山深い森の中で、それぞれの生命が持つ8篇の小さな物語。

 

 

『Stories』は、Jan Jelinekとのコラボレーションや、el fog名義での活動でも知られるベルリン在住の日本人アーティストMasayoshi Fujitaによる初のヴィブラフォン・ソロ作品です。物語の挿絵のように、聴く者の脳裏にその情景をシネマチックに映し出す本作。クラシックやジャズの 影響を独自に昇華したヴィブラフォンの独奏をメインに、ビーズやアルミホイルを用いたプリペアド、ボウイング奏法、弦楽器のアレンジメントを取り入れ、楽 器の持つ響きを最大限に追求した、詩的かつメランコリックな叙情溢れる作品が完成しました。この楽器の名前の由来でもある独特のビブラートが、深遠なハー モニーに揺らぎを持たせ、聴く者をインティメイトに包み込む感動作です。

 

 

-about Stories-

昔々ある森の中に、山と湖と川と滝があった。

1. Deers
山深い森に二頭の鹿の兄弟が棲んでいた。大人の鹿のように見えるがまだ若い兄弟は、沢や滝、山の岩、森の険しい木々の間を縦横無尽に飛び跳ね遊んでいる。

2. Snow Storm
馬に乗った騎士が吹雪の中を駆けてゆく。駆けながら、彼は吹雪の精のささやきをきいた。

3. Cloud
ある曇りの日、丘の上の教会の中で、我が子を腕に抱え何かを訴えるように泣いている母親。ステンドグラスから差し込む淡い光。低い雲はゆっくりと流れる。

4. Story of Forest
森のなかにすむ一本の木。彼は鳥や動物たちと話す。かれは季節から季節へ、また一年そしてまた一年と流れ行く時間のなかで友人たちと会うことを楽しみにすごしている。

5. Story of Waterfall
滝のそばにすむ一羽の鳥。彼は「Waterfall(滝)」いう名で呼ばれている。彼はいつも一人に見えるが孤独ではない。山や森の上を飛び、ただ滝や周りの自然と共に生きている。ある日彼は、空高く浮かぶ雲の隙間から光を見、それを追って行った。

6. Swan and Morning Dews
湖にすむ一羽の白鳥。晴れているが霧がかった朝、岸辺で頭をたれた草に朝露がおちるかたわらで、彼女は起きてその羽を広げた。

7. River
山の中の小さな泉から湧き出た小さな川が、山を駆け下りる。曲がりくねりながら、岩に跳ね、しだいに広く速く駆け下りる。そして最後に川は湖に流れ込んでいく。

8. Memories
何百年もの時がたち、騎士と妖精はもういない。騎士の壊れた石像だけが、草の中に忘れ去られたように転がっている。もう誰も彼らのことを知るものはいない。ただ風と木が覚えているだけ。