Out of Focus
Jean-Philippe Collard-Neven

cat#: FLAU57
Release Date: April 7th, 2016
Format: CD/Digital

Purchase

Bandcamp / flau shop / Stores (for Japan)



Tracklist

  • 01 Goodbye My Friend 
    02 Shooting in the Park 
    03 Eu te amo 
    04 The Dance of Soul
    05 Infinite Embrace 
    06 Cesaria

    07 Moon River 
    08 Insensatez 
    09 The Dance of Life 
    10 Musique floue 
    11 Allo allo ? 
    12 Por toda a minha Vida 
    13 Here We Are

     


Out of Focus is the new solo album from Jean-Philippe Collard-Neven, one of the most surprising pianists on the scene today. A singular blend of his own compositions, improvisations and covers of Tom Jobim and Henri Mancini.

A musician that is almost impossible to define, Jean-Philippe Collard-Neven has developed a singular style that draws on different musical genres:  the classical and contemporary repertoires, jazz, improvisation, chanson française, electro, as well as his work for theatre, dance and silent movies.

The new solo album is called Out of Focus. The analogy is with photography, of course, referring to music whose outlines are not those we think, whose background tells a completely different story.

The tracks are approached as though they were a pretext for a musical and contemplative excursion. There is an unfinished feel to many of the melodies, harmonies that are stripped back, grooves that slowly melt into silence...

Alongside improvisations and covers of Jobim and Mancini, Jean-Philippe Collard-Neven offers up – like a confession – an introspective, rarefied style. Elements of his classical background are as clear as all the musical adventures he has shared with major players from Belgian and international jazzmen.

Lending yourself to solo playing creates conditions that are ideal for taking stock of things, for summing up, for taking a look over the shoulder, for horizons that move along with us. Being alone also means going without these marvellous collaborations that bring us out of ourselves, that bring us precisely where we would never have gotten alone. - Jean-Philippe Collard-Neven





今日のシーンで最も驚きを与えてくれるピアニストの一人であるジャン=フィリップ・コラール=ネヴェン。クラシック、現代音楽、ジャズ、即興、シャンソン、エレクトロ、演劇、ダンス、無声映画といった多方面にわたる音楽活動を通して、既成の枠に収まらない音楽家として独自の演奏スタイルを築いてきた彼が、『Between the Lines』以来5年ぶりにピアノソロでの新作『Out of Focus』を発表します。それは自作曲とジョニ・ミッチェル、ヘンリー・マンシーニ、ハロルド・ロボなどのカヴァー曲が織りなす一つの領域です。
私たちは、全体が明瞭で、完璧で、主要な人物が前景に映っている写真が良いものだと考えがちです。『Out of Focus』は、写真からインスピレーションを受け、私たちの考える音楽そのもののアウトラインをずらすこと、全く異なった物語を背景から捉えることの大切さ、焦点の外に生みだされる空間、ボケの美しさに主眼を置いています。その音楽の中では主旋律だと思われるものが実はそうではなく、背景が本当のテーマを示しているかもしれません。
このアルバムを構成する曲は、音の中の瞑想的な彷徨の口実でしかないようにアプローチされています。未完成のような旋律、いつしか消えてしまう和声、沈黙に溶けていくグルーヴ、、、
即興曲とジョビンやマンシーニのカヴァー曲の中で、ジャン=フィリップはまるで私たちに打ち明け話をするかのように、内省的で深遠な演奏を披露します。生命のダンスを感じるような躍動的な即興のバラッド、まばらなメロディーや予測できずに変化するハーモニーは、時に明滅する光のようにゆっくりと沈黙の中に溶け、空間に美しい余韻を残しています。聴く人は、この音楽の中に、彼のクラシック音楽の豊富な経験とともに、彼がベルギー内外の有名なジャズ奏者と共有した音楽的冒険の痕跡、それに映画音楽への愛情をもまた見出すことでしょう。


「ソロで活動することは、総合的に、そして後方や自分と共に移動する地平線に目を向けることに最適なコンディションを生む。一人であるということ、それはつまり、自分の殻を破って一人では行けないところに連れて行ってもらえる、あの素晴らしいコラボレーションなしで活動する、ということでもある。

一人でピアノを弾くことは必然的に僕の少年時代、子供時代に僕を引き戻す。僕がピアノは何でも可能にする楽器だと気付いて、好きな映画音楽や歌の曲を弾いたり、完全なオーケストラを構成したり、同時に全ての役を演じたりしていたあの頃に。 その後、僕は他の人と音楽を分かち合う喜びを発見することができたけれども、一人でピアノの前に座って、木を揺らす風のように、絶えず僕を通って流れ出る音楽のことしか考えずに指を走らせる楽しみを、僕は今また味わっている。そして、その音楽は、僕を揺さぶり、 呼び止め、僕の人生を変えたすべての音楽の色彩を帯びていることに気づく。それが、クラシック、現代音楽、ジャズ、シャンソン、ポップス、映画音楽のどれに属するものであれ。」

Press Quotes

 

The collective of expressed emotions is somehow childlike: brooding and preoccupied or perhaps merely pensive, yet an exquisite subtlety hints at a vibrant maturity to come - Jazz Views

...finds both the cultured jazz of Keith Jarrett and the radical demands of the most demanding of minimalists, all this sprinkled with a restrained lyricism playing with the effects of surprise - Challange Records

しなやかに響く抒情が、聴く者の心を潤すパーソナルな佇まい - Pastel Records