bei
Christoph Berg Henning Schmiedt

cat#: FLAU62
Release Date: Japan - March 22nd / Overseas - April 14th, 2017
Format: LP/CD/Digital

Purchase

Japan - Stores (for CD) / Stores (for LP)
Overseas - Bandcamp

Tracklist

  • 01 hinein, hinaus?
    02 bis über beide ohren!
    03 geduld
    04 flügelschlag
    05 räderwerk
    06 ritornell
    07 dort!
    08 federn
    09 taumeln wie flocken
    10 wenn ich aufmerksam schaue
    11 als ob
    12 haschen (cd bonus track)

"There is this moment, right before the music begins - everything could happen, it's this moment of purity and silence, full of clarity, tension, expectation. The music on bei emerged from this very moment of silence."

The art of listening is something not only an attentive audience will acknowledge as a high value in music. It’s also the basis of an engaging collaboration and plays a key role in every duo’s encounter. While Henning and Christoph already stand out in operating their respective instruments, their new record also shows that they master in paying attention and responding to one another’s approach simultaneously.

As a result we’re treated with a charmingly spontaneous expression of musical vision that creates a fluid union of sounds to immerse in, proving the interplay of piano and violin to be a timeless and continually fascinating combination. Without taking itself too seriously, this is an honest recording and one that’s achieving a vivid listening experience by providing an almost organic feeling of breathing strings and whispering keys. However, bei delivers much more than the calmness of a whisper: Henning and Christoph let their tunes float and move freely without ever losing their grip, combining versatile shapes of a classical duet with the playful touch of open-mindedness in the most refreshing and satisfactory manner.

The fact that these wonderful suites of chamber music are born from an improvised performance makes the understanding at hand even more astonishing. The two friends’ joined forces have turned into a highly entertaining album, rich with emotions and influences to discover. Through their broad spectrum of transmission we’re witnessing two artists at their most focused and daring: The process of immediate composing.


Henning Schmiedt: piano
Christoph Berg: violin

旧東ドイツ出身のピアニストHenning Schmiedtが同じベルリン在住のヴァイオリン奏者Christoph Bergと録音した初の二重奏作品。即興を主体とした録音ながらも予定調和を回避するかのように自由に鍵盤と弦の上を動く二つの指。教会音楽からジャズ、ワールドミュージックまで、様々な和声の引き出しを存分に感じさせてくれるヘニングのピアノに、Field Rotationや本名名義でのアンビエントな作風からは打って変わって、弦が擦れるフラジャイルで小さな音から躍動感溢れるプレイまでを見せるクリストフのヴァイオリン。即興から生まれたとは思えない鮮やかな展開、美しい旋律の数々は、古典的なデュエットの形に新しい発見と豊かなリスニング体験を与えてくれます。



Press Quotes


...feel almost crushingly tender, the attention to detail, the imposing nature of the work, the sheer beauty that shines through the over-riding arc of sadness making for something truly special -
Gold Flake Paint


Henning Schmiedt(ヘニング・シュミート):

1965年生まれ、旧東ドイツ出身のピアニスト、作曲家、編曲家。早くからジャズ、クラシック、ワールドミュージックなどジャンルの壁を超えた活動を先駆的に展開。名指揮者クルト・マズアーも一目置くという個性的なアレンジメントやピアノ・スタイルは、各方面から高い評価を受けている。flauよりリリースされた5枚のソロ・ピアノ作品『Klavierraum』『Wolken』『Spazieren』『Schnee』『Walzer』がいずれもロングセラーを記録中。4度にわたる来日公演は各都市でソールドアウトとなるなど、好評を博している。今秋5度目となる来日ツアーとピアノ・アルバムの新作を予定している。



Christoph Berg(クリストフ・ベルク) :

ドイツ北部のバルト海沿岸で育ち、現在はベルリンを拠点に活動する音楽家。幼少時よりヴァイオリンの訓練を受けてきた彼は、これまでソロの他に室内楽や弦楽アンサンブル、オーケストラなどのメンバーとして演奏を行ってきた実力派ヴァイオリニスト。本名名義以外にもエレクトロ・アコースティックな作品をリリースするField Rotation名義での活動でも知られている。2012年にFactureレーベルからリリースされ、メディアからも高く評価されたデビューアルバム『Paraphrases』をきっかけに、Rauelsson、Henning Schmiedt、Takeshi Nishimoto、Aaron Martin、ausなど様々なアーティストとのツアーやコラボレーションを開始。そのかたわら映画音楽の分野でも活動しており、今年2017年にリリースする『Conversations』ではシネマティックな室内楽としてのその真骨頂を見せている。