Night Lines
Cuushe

cat#: FLAUR18
Release Date:
April 1st (Japan) / April 7th (overseas) 2015
Format: CD/Digital (10" from CASCINE)

Purchase

stores (for jp) / flau shop / Bandcamp

 

Tracklist

  • 01 Tie
    02 Shadow
    03 Daze
    04 We Can’t Stop
    05 Daze (Populous Remix)*
    06 We Can’t Stop (Dntel Remix)*
    07 Shadow (Nite Jewel Remix) *

    *= CD & Bandcamp Bonus Track


Cuushe now returns with the Night Lines EP, her fourth proper release. Night Lines is presented as a noir storybook, unfolding along four tracks to expose a haunting Japanese soundscape, complete with bad guys, funeral processions and skyscraper-sized floral arrangements. The lyrics were penned by Cuushe with underlying productions composed by aus. Many sounds were sourced from films, animations and field recordings, with designs of obscuring timelines and the perception of reality.

Night Lines is set for release on April 7 on 10” vinyl and CD as a collaboration between Cascine and flau. North American tour dates are currently being routed.

 

前作『Butterfly Case』が「PRETTIEST ALBUM OF THE YEAR」(The FADER)との評価を筆頭に、世界中の音楽メディア/ブロガーから注目を集めた京都出身のアーティストCuusheが久々の新作となるEPをリリースします。
「シューゲイズならぬサンゲイズ」とも評された光のあたる前作から一転、ネオンライトきらめく都市に潜むメランコリーを描き出したドリームポップの新機軸的作品。アーバンな空気をまとったシンセポップ「Tie」、ミニマルなギターとピアノのカッティングがドラマチックに展開していくダンスチューン「Shadow」など、夢見心地のエレクトロ・メランコリアが広がる全4曲を収録。Yumi Zouma、Kisses、Chad Valleyのリリースでも知られるアメリカのCASCINEからの熱烈なラブコールにより、flauとの共同リリースが実現しました。
CDには個性溢れる豪華アーティスト3組による強力なリミックスも追加収録。Teebsの新譜にも参加したイタリアの盟友Populousはボトムの効いたビートで大胆なクラブエディットを施し、The Postal Serviceでも活躍したアメリカのエレクトロニック・アーティストDntelはアシッドなベースが飛び跳ねるスペース・エレクトロに、Italians Do It Better、Stones Throwなど名だたるレーベルからリリースするLAのシンセポップ・ガール Nite Jewelは面目躍如なベッドルーム・ディスコ・ファンクへと変貌させるなど、それぞれにバラエティーに富んだ珠玉のリミックスを提供しています。
EPのアートワークは前作に引き続き、『Airy Me』のミュージック・ビデオで文化庁メディア芸術祭新人賞を獲得するなど、各所で話題をさらった久野遥子が書き下ろしのイラストで華を添えています。

Press Quotes

 

so simple and familiar I could cry - The FADER

 

a long, lonely night in tokyo...one of her most otherworldly and nocturnaly - Dazed And Confused

 

Cuushe is a project that is rich in identity…the unique way she writes, records and performs - The 405

 

plenty of buoyant beats and her sugar-spun soprano - Under The Rader

 

galaxy of swirling nocturnal urgency - DUMMY

 

The song progresses gently and sounds like an outer-space late-late-night jam mixed with a soundtrack to a children’s fantasy film - The Cool Hunting